小林的ギター弾き語り練習法~歌い方②~

①では、顔の角度についてでしたが、

その続きで、少し体を気をつけるだけで、ギターを弾きながら

楽に声が出せる方法の②です!

今回は、ワキです!

よく、カラオケ等で、マイクを持った手が上に上がり、ワキがあいている人を

見かける事があります。

気分はノリますが、実際、ワキしめたほうが歌いやすいんです!

何故かといえば、ワキが空いていると、とにかく胸式呼吸になりやすいんです!

(ワキをあけて息を吸うと、胸が膨らみやすいんです)

という事は、ワキをしめて息を吸うと、空気が下にいくイメージで、

胸も矯正されて、腹式呼吸を促してくれます!!!1

弾き語りをするときも同じで、まず右ワキを軽くしめてるほうが

ストロークしやすいです!

そして左ワキも軽くしめてやると、確実にコードおさえやすいです!!!

一度ぜひやってみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す